Home > 獣医師コラム一覧

獣医師コラム

犬や猫の誤飲誤食について|命にかかわることも

誤飲誤食は元気で病気知らずな犬や猫ほどリスクが高く、時に思いもよらないものを口にしてしまいます。飲み込んでしまったものが万が一、喉や腸に詰まったり、中毒を起こしたりすると命に関わることもあるため、正しい知識をもっておくことが大切です。

 

そこで今回は、犬や猫の誤飲誤食についてご紹介します。

 

 

■目次
1.犬や猫に食べさせてはいけないもの
2.誤飲誤食した場合の対処法
3.ご家庭で気をつけてほしいこと
4.まとめ

 

犬や猫に食べさせてはいけないもの


特に気をつけたいものには、以下のようなものが挙げられます。

 

物理的に危険なもの

鶏の骨、竹串、針、釘、紐、布類、ペットシーツ、種、ボタン電池、石、アクセサリー など。

 

これらが喉に詰まると呼吸困難を起こし、腸に詰まると腸閉塞を起こします。また、飲み込んだものが消化器管に刺さってしまったり、腸閉塞によって消化管が壊死してしまったりすると、消化管に穴があいて腹膜炎を起こしてしまうこともあり、緊急手術が必要になる場合があります

 

中毒を引き起こす危険があるもの

チョコレート、玉ねぎ、アボカド、ぶどう、乾燥剤、保冷剤(エチレングリコール)、植物(ユリやアロエ、チューリップの球根など)、除草剤、人体薬、たばこ、アルコール、ガム(キシリトール)など。

 

何をどれくらい食べたのかによって症状はさまざまですが、食欲不振や嘔吐、下痢、不整脈、けいれん、呼吸困難、意識障害などが起こり命を落としてしまうケースもあります

 

誤飲誤食した場合の対処法


対処が遅れると命に関わるケースがあります。獣医師の判断の元、無症状かつ危険性がない場合などはそのまま様子をみることもありますが、飼い主様の判断で様子をみることはやめましょう。

 

動物病院で吐かせることが可能な場合は催吐処置を行います。しかし、異物が鋭利で消化管を傷つけるなどのリスクがある場合には、内視鏡を使って異物を回収します。ただし、飼い主様ご自身で吐かせることは大変危険ですので、絶対に行わないようにしましょう

 

また、病院に着いたらすぐに処置を行えるよう、誤飲誤食に気がついたらすぐに動物病院に電話をし、指示を仰いでください。

 

さらに来院するときは、何をどれくらい食べたのか、食べてから何時間経過したのかなど、わかる範囲でお伝えいただけますと、診断や治療に役立ちます。

 

ご家庭で気をつけてほしいこと


難しい場合もありますが、予防のためにはペットたちの口が届く範囲に極力ものを置かないようにすることが重要です。特に人の食べ物関係は興味を惹かれやすいため、棚にしまったり、キッチンに入らせないようにゲートを設置したり、ゴミはすぐに蓋がしっかり閉まるゴミ箱へ入れるようにしましょう。

また、子犬や子猫のうちは、目を離すときにはケージやサークルに入れるようにしましょう。

 

まとめ


犬や猫は「こんなものを!?」というような予想の斜め上をいくものを口にすることがあります。(入れ歯やメガネのレンズを食べてしまった、というケースもあります)

そのため、ペットたちの生活スペースにはなるべくものを置かない、棚などにしまうようにしっかり対策をしつつ、万が一誤飲誤食をしてしまった場合は、すぐに動物病院に電話連絡をした上で受診するようにしましょう

 

岡山県倉敷市にある「倉敷動物愛護病院」
ペットと飼い主様にとって最善の診療を行うことを心がけております。
一般診療はこちらから