Home > 獣医師コラム一覧

獣医師コラム

犬の拡張型心筋症|重篤化すると命に関わる疾患

拡張型心筋症は、犬でよく見られる心臓病の一つです。
心臓の筋肉が薄くなり、血液を体中に送り出す力が弱くなってしまう病気で、初期段階では目立った症状が現れにくいため、飼い主様が病気に気づかないことも少なくありません。
しかし、進行すると重篤な症状を引き起こし、愛犬の命が脅かされることもある恐ろしい疾患です。

この記事では、犬の拡張型心筋症の原因、症状、診断方法、そして治療法について解説します。

■目次
1.原因
2.症状
3.診断方法
4.治療方法
5.予防法やご家庭での注意点
6.まとめ

原因


拡張型心筋症の原因は完全には解明されていませんが、遺伝的要因が大きいとされています。大型犬、特にドーベルマンやボクサーなどの犬種に多く、年齢が高くなるにつれて発症しやすくなります

さらに、ウイルス性心筋炎の感染や、タウリンやL-カルニチンなどの栄養素の欠乏も発生に関連していると考えられています。

 

症状


初期症状はあまり顕著ではありませんが、病気が進行すると咳、活動性の低下、食欲不振、体重減少などが見られるようになります。重篤化すると呼吸困難に陥り、緊急で治療が必要になります。

心臓の機能が低下した結果、不整脈が起こることもあります。不整脈が起こると、失神や突然死につながる場合もあるので、気になる症状が見られる場合には、早めに動物病院を受診しましょう。

 

診断方法


拡張型心筋症の診断には、聴診や血液検査、レントゲン検査、心電図検査などが用いられます。
確定診断には心臓のエコー検査が必要で、心臓の大きさや機能を評価します。

 

治療方法


拡張型心筋症は、残念ながら完全に治すことはできません。治療は、病気の進行を遅らせ、症状を軽減することを目的とします。

拡張型心筋症の治療には、主に内科的な治療として強心剤や血管拡張薬、利尿剤などの投薬が行われます。
さらに、心膜水や重度の胸水、腹水の貯留がある場合には、胸や腹部に針を刺して水を排出する処置や、呼吸困難の場合には酸素吸入を行うこともあります。

また、心臓の負担を軽減するためには、運動制限や低ナトリウム食による食事療法も効果的です。
重症の場合には、入院しての管理が必要な場合もあります。

 

予防法やご家庭での注意点


ほとんどのケースが遺伝的要因によるため、発症を完全に防ぐことはできません。そのため、定期的な健康診断で早期に発見することが大切です。特にリスクの高い大型犬では、年に1〜2回の健康診断を欠かさないようにしましょう。

また、愛犬の様子がおかしいと感じた時は、なるべく早めに動物病院に相談することがおすすめです。

 

まとめ


拡張型心筋症は、重篤化すると命に関わる疾患ですが、早期に発見して治療を行うことで進行を緩徐にすることができるかもしれません。
初期症状は非常にわかりにくいため、日頃から愛犬をよく観察し、定期的に健康診断を行うことで、病気の早期発見に努めましょう。

 

■循環器の疾患に関しての記事はこちら
犬の三尖弁閉鎖不全症|フィラリア症の予防が大切
犬の気管虚脱|ガーガーという呼吸音が特徴
犬の僧帽弁閉鎖不全症について|犬に多く見られる病気
猫の肥大型心筋症について|早期発見が非常に難しい病気

 

岡山県倉敷市にある「倉敷動物愛護病院」
ペットと飼い主様にとって最善の診療を行うことを心がけております。
一般診療はこちらから