Home > 獣医師コラム一覧

獣医師コラム

猫の肥大型心筋症について|早期発見が非常に難しい病気

肥大型心筋症とは、心臓の筋肉が肥大し、正常な機能を果たせなくなる病気です。心臓の壁が分厚くなることで、心臓から十分な量の血液を体内に送れず、体が酸欠状態へと陥ってしまいます。
この病気は、猫の心臓病の中でもっとも多い病気で、特に中高齢でのリスクが高いことが知られています。

この記事では、猫の肥大型心筋症について、原因や症状、診断方法、治療方法、予防法やご家庭での注意点について解説します。

■目次
1.原因
2.症状
3.診断方法
4.治療方法
5.予防法やご家庭での注意点
6.まとめ

原因


猫の肥大型心筋症の原因は、まだ完全には解明されていませんが、遺伝的な要因が関与していると考えられています。メインクーン、ペルシャ、ラグドール、アメリカン・ショートヘアなど、特定の猫種で好発することが知られていますが、基本的にはすべての猫に発症する可能性があります

また、高血圧症や甲状腺機能亢進症などの疾患がこの病気の発症に関係していることもあります。

 

症状


初期段階では症状が現れにくく、重篤な症状が出るまで気づかれないことがほとんどです。病状が進行すると、元気・食欲の低下や嘔吐、体重減少、呼吸困難などの症状が見られます。

症状が重度の場合は、胸や肺に水がたまる「胸水」や「肺水腫」になる場合があり、呼吸困難のリスクが上がります。

また、心臓内で血液の流れが滞ることで血栓が発生しやすくなり、大動脈血栓塞栓症を起こすこともあります。血栓は後ろ足の付け根部分に詰まることが多く、後足の足先が冷えて動かなくなり、強い痛みが見られ、後ろ足が麻痺するような症状が見られます。

 

診断方法


診断には、レントゲン検査や心臓超音波検査などが行われます。特に超音波検査は、心筋の肥大や心臓の機能障害を確認するのに有効です。

高血圧症や甲状腺機能亢進症など、原因となっている疾患の有無を確認するために、血圧測定や血液検査が行われることもあります

治療方法


肥大型心筋症には、残念ながら根治的な治療は存在せず、内服薬を使用することで病状の進行を抑え、重篤な症状が出るのを防ぐことが主な治療法です。他に原疾患がある場合、心臓病の治療と並行してそれらの疾患の治療も行います。
多くのケースで生涯に渡りこの内服の投与と、定期的な心臓の検査が必要になります。

 

予防法やご家庭での注意点


原因がはっきりとはわかっていないため、残念ながら予防することはできません。また初期症状が出にくいことから、たとえ健康そうに見えても、定期的に健康診断を行うことが非常に重要です。

また高血圧や甲状腺機能亢進症などの疾患を早期に発見し、治療することで、この病気の発症を予防することができるでしょう。

 

まとめ


肥大型心筋症は、早期発見が非常に難しい病気です。またどの猫でも一定のリスクを抱えていることから、定期的に健康診断を受けることが非常に重要です。

症状が見られたときには、病状がかなり進行してしまっているかもしれません。早めに動物病院を受診するようにしましょう。

 

犬の心臓病、僧帽弁閉鎖不全症については下記でも解説しています。
犬の僧帽弁閉鎖不全症について|犬に多く見られる病気

 

岡山県倉敷市にある「倉敷動物愛護病院」
ペットと飼い主様にとって最善の診療を行うことを心がけております。
一般診療はこちらから