Home > 獣医師コラム一覧

獣医師コラム

犬の外耳炎について|愛犬の耳の異変に気づいたら?

倉敷市、岡山市、総社市、浅口市、玉野市、早島町の皆さんこんにちは。
岡山県倉敷市の倉敷動物愛護病院の院長垣野です。

 

愛犬が頻繁に耳を掻いたり、頭を振ったりする様子を見たことはありませんか?それは、もしかすると外耳炎のサインかもしれません。
外耳炎は、耳の入り口から鼓膜までの部分に炎症が生じる病気です。放っておくと症状が悪化し、最悪の場合、手術が必要になることもあります。

 

今回は犬の外耳炎について、症状や治療方法、予防方法などを詳しく解説します。

 

■目次
1.原因
2.症状
3.診断方法
4.治療方法
5.予防法やご家庭での注意点
6.まとめ

 

原因


外耳炎は以下のような要因によって引き起こされます。

 

寄生虫感染ミミヒゼンダニなどの寄生虫が耳に侵入することで、炎症が発生します。

アレルギー食物アレルギーやアトピー性皮膚炎が原因で耳の自浄作用が低下し、外耳炎を引き起こすことがあります。アレルギーによる炎症は慢性的になりやすく、再発することも多いです。

腫瘍:耳の中や周囲に腫瘍ができることで、外耳炎を引き起こすことがあります。特に高齢の犬では腫瘍のリスクが高くなります。

物理的な刺激:耳に異物が入ることで炎症が生じることがあります。

構造的要因:高温多湿の環境や垂れ耳の犬種、シャンプー後などは耳の中が蒸れやすく、外耳炎を引き起こしやすくなります。

 

これらの要因が耳の環境を悪化させ、細菌や真菌(マラセチア)の異常な増殖を招きます。

 

症状


外耳炎を発症すると、痒みや痛みを感じて以下のような症状を示すことがあります。

 

・耳を頻繁に掻く
・頭を振る
・悪臭がする
・耳が赤くなる
・耳垢の増加

 

これらの症状を放置して慢性化すると、耳道が狭くなり、症状が悪化して治療が難しくなることがあります。

 

診断方法


外耳炎の診断は、まず問診と視診、触診から始まります。
視診では耳の外観をチェックし、触診で炎症や腫れ、異常な分泌物がないかを確認します。
さらに、耳道の状態や耳垢の状況を詳しく観察するために耳鏡やオトスコープを使用します。

 

耳垢を採取し、顕微鏡で細菌や真菌、寄生虫の存在を確認する耳垢検査も行われます。
場合によっては、レントゲン検査や血液検査、細菌培養検査が必要になることもあります。

 

治療方法


外耳炎の治療は、まず耳の洗浄をした後、原因に応じた治療が行われます。
寄生虫感染の場合は駆虫薬が使用され、アレルギーが原因の場合はアレルギー対応の食事やスキンケアが行われます。そして細菌感染がある場合は、抗生物質の点耳薬や内服薬が投与されます。

 

重症の場合や腫瘍が原因の場合は、炎症部分や腫瘍を取り除く手術が必要になることもあります。

 

予防法やご家庭での注意点

外耳炎の予防には、定期的に耳掃除を行うことが大切です。ただし、毎日行う必要はなく、適切な頻度で行うことが推奨されます。
動物病院やトリミングサロンで正しい耳掃除の方法を教わり、強く擦りすぎないように注意しましょう。
シャンプー後や水遊びの後は、耳の中をしっかり乾燥させることも重要です。湿気が残ると外耳炎の原因になります。

 

さらに、アレルギーがある場合は、アレルゲンを避けるように食事や環境を見直すことが必要です。定期的に動物病院で健康チェックを受けることも、早期発見と治療に役立ちます。

 

まとめ


犬の外耳炎は、日常的なケアと注意深い観察によって予防することが可能です。特にアレルギーを持つ犬は再発しやすいため、定期的な耳掃除と適切なケアを行うことが重要です。

 

愛犬が耳を痒がる、耳垢が増えるなどの症状が見られた場合は、早めに動物病院を受診し、適切な治療を受けましょう。

 

岡山県倉敷市にある「倉敷動物愛護病院」
ペットと飼い主様にとって最善の診療を行うことを心がけております。
一般診療はこちらから